治具の製造

3D CAD/CAM

3D CAD/CAMは弊社での治工具製作には欠かすことのできないソフトウェアです。
弊社ではFEATURE CAMとSpace-Eの2種類のCAD/CAMを用途に応じて使い分けています。ワーク形状やワークサイズに合わせてソフトウェアを使い分けることで工程を最小限にし、短納期に対応出来、コストについても抑えることが出来ます。

【FEATURE CAM】
FEATURE CAMは2Dから3Dまで幅広く対応出来、NCプログラムの生成までのタクトが
非常に速いCAD/CAMです。単品加工がほとんどの治工具の部品製作に力を発揮します。500角程度のワークサイズであればツールパスなどの生成なども簡単に作成する事が出来ます。

FEATURE CAM

【Space-E】
Space-Eは比較的大規模なワークの演算処理に力を発揮します。大型ワークの演算処理では通常かなりの時間を要しますが、Space-Eでは比較的速くNCデータが生成され、必要工具長も自動で計算をします。シュミレーションもSpace-E独自のロジックによりシュミレーション時間が飛躍的に速いことが特徴です。

Space-E

2Dから3Dまで幅広く対応

昔から部品加工屋さんは部品加工屋さん、金型屋さんは金型屋さんと言われています。
部品加工の現場では製品のほとんどが2次元いわゆる平面的な製品が多くまた、2次元製品でも複雑な形状があります。逆に金型は2次元形状もありますが、射出成形型やダイキャスト型などは3次元いわゆる立体的な加工が多くあります。両社の長所と短所は以下のようになります。

【部品加工】
~長所~
・被削材は金属、アルミ、プラスチックなど多岐にわたり幅広く対応できるノウハウがある。
・複雑な2次元の形状まで幅広く対応出来、製品の精度、外観(キズ、打痕、バリ)などの管理に幅広く対応できるノウハウがある。
~短所~
・基本的には、ある特定の業界以外は世の中に存在するほとんどの製品が2次元部品の為、3次元の形状に対してノウハウを持っていない。
・機械に関しても3次元に対応できる機械仕様になっていない。

【金型加工】
~長所~
・図面からのプログラム作成よりデータからのプログラム作成の方が圧倒的に多く、3Dデータなどの扱いに慣れている。
・複雑な3次元形状にも対応できるノウハウが多くある。
~短所~
・金型のほとんどの部品が金属で出来ているため(試作金型を除く)、アルミやプラスチックなど幅広い材質に対してノウハウを持っていない。
・精度などは部品加工同様、若しくはそれ以上ではあるものの基本的に重要な部分は金型の内部が多くその為、製品の外観に対してキズ、打痕などの対応にノウハウを持っていない。

【当社の特徴】
弊社は、部品加工から操業を始めた会社の為、製品の精度、品質等の管理にはノウハウを持っております。10年程前より現在の治工具などにシフトして参りました。弊社の製作する治工具は樹脂成型品の治具が多く、その為2次元形状から3次元形状の部品まで幅広くあります。「当社の強みは2次元から3次元までどのような製品でも幅広く対応できる共通のノウハウが最大の特徴であり強みとなっております。」
「ものづくりのオールラウンドプレイヤーにお任せください。」

サンプル製品

【注意書き】
ここで表現している内容は一個人的な見解であり、中傷性を持っている物ではありません。お伝えしたい事は、互いに長所と短所を持っているという事です。

デジタルとアナログ

治工具製作に欠かすことの出来ない機械があります。それは「汎用機」です。当社のさす汎用機とは汎用フライス盤、汎用旋盤になりますが、これらの汎用機を巧みに使いこなす職人と師匠と仰いで日々努力している若い社員が使い熟しています。
簡単な加工をマシニングセンターやCNC旋盤などで作業をすると工数も嵩みコストアップになってしまいますが、汎用機で加工する事で最適なコストにて高精度な製品をご提供致します。また、マシニングセンターやCNC旋盤等は汎用機では出来ない同時加工や高精度の加工に使用しております。

汎用フライス盤 マシニングセンター CNC旋盤

ウレタン注型/組立/検査

【ウレタン注型】
注型とは熱硬化性樹脂(液体)を使い製品を模る際の工程の事。
注型時に使用する樹脂はウレタン、エポキシ、シリコンなど多岐にわたります。弊社の最も得意としている注型は、ブロック状の中に樹脂を流し込み硬化後にマシニングセンター等で削り出す直彫り加工とサンプルワークや木型などを型にする流し込みです。
これらの樹脂材が使われる多くの用途としては、樹脂成型品や傷が付きやすい製品、傷を付けたくない製品などの受け部等に多く使用されます。

~直彫り加工~
【長所】
・木型を必要とせず、木型コストが抑えられる。また、工数も削減する事が出来る。
・硬化後に機械にて加工する為、硬化時のひけや歪み等が無い為、高精度な製品を作る事が出来る。
【短所】
・木型を使わない為、樹脂が多く必要となりコストアップになる。
~型による流し込み~
【長所】
・必要最低限の材料だけで済む。
【短所】
・流し込み時は、木型やワークが下になる為、樹脂が硬化する際に上側にひけるため精度のバラつきが出る。

直彫り加工 ウレタン注型 CNCウレタン受け治具

【受け治具に有効】
ウレタン樹脂以外にもエポキシ樹脂、シリコンなどにも対応しており、これらは成形品
などの受け治具に有効です。
また、注型以外の方法では、形状を削り出したアルミや樹脂の表面にウレタンを吹き付けるコーティングやウレタンシートなどを張付ける方法などラインナップを豊富に取り揃えております。製品の材質やコストなどご要望に応じて対応致します。

【組立】
弊社では、社内で一貫して組立から検査まで行っております。
組立時は、初めに各サブASSY事に組立し、最後にすべてのサブASSYを組立てます。
組立方式は、セル生産方式にて組立をしている為、最後まで1人が責任を持って組立てます。電気配線、PLCについても対応致します。

組立Assy1 組立Assy2 組立Assy3

【検査】
検査については、組立後の治具が決められた寸法通りに出来ているかを機上にて測定しております。勿論、加工時にはひとつひとつ加工者が責任を持って測定をしております。測定方法もレーザーによる非接触測定とプローブによる接触式の2つの方法を採用しております。

レーザー計測 プローブ計測 部品測定

  • 営業品目
  • 対応素材
  • 設備紹介