会社案内

ごあいさつ

程原誠

  当社のウェブサイトをご覧いただきまして誠に有難うございます。当社は、1961年に産声を上げた小さな町工場でした。当時から考えると、日本のものづくり産業は戦後の高度経済成長に支えられて発展しました。創業から大切にしてきたことは、規模の拡大を追うよりも一つひとつ、高品質なモノを作るという先々代からの”こわだわり”です。そのこだわりを大切にしてきたからこそ、今日を迎えることができています。
環境の変化に合わせて、当社でもここ10年ほどで、今までの部品加工を中心としたものづくりから、ものづくりを支えると言っても過言ではない『治工具』や『生産設備』のものづくりを手がけるようになりました。
「治工具1つで生産性の良し悪しが決まってしまう」と言われますが、こうした重要なものを手がけられるのは、私たちの誇りであり、自信です。私たちは、これからも常にお客様の目線に立って、最適な生産財の提供を行っていく所存です。
最後に、常日頃から掲げているVEの精神を大切に、皆様にとっての価値が確かな“勝ち”になるように日本人として、おもてなしの心を大切に未来を切り拓いていきます。

会社概要

社名 株式会社アウラテクノロジー
住所 〒402-0013 山梨県都留市盛里221-1
TEL番号 +81(0)554-21-9080
FAX番号 +81(0)554-21-9081
創業 1961年4月5日
設立 1975年4月5日
資本金 10,000,000円
役員 代表取締役社長 程原 誠
社員数 25名(内、役員3名|事務職1名)
事業内容 ・組立治具(受け治具)設計/製作
・検査治具設計/製作
・ベトナム金型調達
・ダイヤモンドホイール台金製作
・ダイヤモンド工具備部品製作
・各種設計支援(モデリング/機械設計/部品図)
取引銀行 ・日本政策金融公庫
・山梨中央銀行
・三井住友銀行(甲府支店/ホーチミン支店)

会社沿革

1961年4月 程原満が現所在地にて創業する。
自動車・電気部品の製造を行う。
1966年10月 当社最初のCNC旋盤を設備。
生産効率を上げる。
1975年4月 資本金100万円にて有限会社程原製作所を設立する。
1983年1月 旭ダイヤモンド工業株式会社様と取引開始。
ダイヤモンドホイールの台金製造を始める。
1985年3月 程原満が代表取締役を辞任し、取締役会長へ就任。
程原正明が代表取締役に就任。
更なる生産性向上と事業規模拡大の為、ロボットなどを設備増強する。
1990年4月 事業規模拡大の為、CNC旋盤の設備増強する。
1995年5月 当社初となるマシニングセンターを設備する。
2000年12月 理化学機器の部品加工に着手する。
同年に2台目のマシニングセンターを設備増強する。
2005年7月 1回目の工場増築。
当社初となる3D CAD/CAMを導入する。
2007年10月 旭ダイヤモンド工業株式会社様より長年の取引実績で表彰をいただく。
2008年3月 2回目の工場増築を実施し、マシニングセンターの設備増強をする。
2008年6月 振動溶着治具の設計業務を始める。
当社初となる3D CADを導入する。
2009年1月 3回目の工場増築を実施し、設備の増強を図る。
2011年5月 創業50周年を迎える。
2011年10月 ベトナム ホーチミン市に駐在員事務所を設立する。
2012年2月 複雑形状の部品に対応するため、横型マシニングセンターを設備する。
2014年2月 5軸制御立型マシニングセンター(松浦機械製作所製)MX-850を設備する。
2014年2月 Delcam製 CAD/CAM 『PowerMILL』5軸対応を設備する。
2014年9月 ベトナム設計事務所を同市1区に移動する。
設立4年目を迎える。
2017年5月 法人格を変更し、社名を株式会社アウラテクノロジーに改称する。
2017年6月 新社屋を竣工し、本社を都留市盛里に移転する。

アクセス

株式会社アウラテクノロジー 社屋

本社住所 山梨県都留市盛里221-1
  • 営業品目
  • 対応素材
  • 設備紹介