お知らせ一覧

『キズ』対策 組立治具編

2013年4月4日

【プラスチック成型品のキズ対策】 1回目

成形品はプラスチックで出来ているため、ご存知の方承知の通り、非常にキズが付きやすい製品です。
組立て作業時に製品にキズが付くことは「ものづくり」としてもっての外ではありますが、
日頃よりお悩みの方は多いと思います!
そこで、今回は当社が実施しているキズ防止策の情報を少しだけご紹介いたします。

結論から言えば、キズが付かない、または付きにくい材質で製作すれば良い訳ですが、
それが分かっていれば苦労はしません。。。
そんな時、当社では写真のような特殊なシートを張ることがあります。


 ※クリックで拡大します。

シートの表面はショアDコードで60~90程度まで数種類の柔らかさがあり、シートの厚さも0.3~1.0程度まで選ぶことも出来ます。
当社の職人さんがアルミの3D形状に貼り付けます。
張付け強度もかなり強いので、指で強く剥がさない限り剥がれません!!
耐久性が非常にありますが、それでも結局シートはシートなので劣化や摩耗が起こります。
その際は、張り替えれば良いだけで済みます。

様々な製品形状(複雑形状)に対応出来ますので、『成形品のキズ』でお困りのお客様がいらっしゃいま
したら、お気軽にお問い合わせください。

様々な治具のご提案をさせていただきます。


 ※クリックで拡大します。
⇒次回は、『ウレタン樹脂編』をご紹介します。

  • 営業品目
  • 対応素材
  • 設備紹介