お知らせ一覧

『キズ』対策 組立治具編 ~続~ その3

2014年11月24日

ブログのPV数で地味に一番多いブログが

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓です!

http://aulatechnology.jp/blog/648

 

成形品をはじめとする組立作業やその他キズを作業時に嫌う際に

ウレタン樹脂を使ってみませんか?という内容です。

 

やっぱり!と思ったのは世の中には製品の加工・組立など作業時のキズに困っている

生産技術担当の方いらっしゃるんだなと。

この技術はウェブで調べてもあんまりというかほとんど出てきませんね。

ウレタンを流し込み、硬化後に加工しておしまいだけど、ただ溶剤を撹拌して流し込めば

良いだけじゃないんですよね。ウレタン樹脂(ウレオールとも言われる)も色々種類もあるし、

メーカーもたくさんありますからね。

うちも色んなウレタン樹脂を試してみましたよ。。。

予定通り、だいぶ苦労しました。今でも少し苦労していますが。。。

このウレタンのブロックを作るとき、普通(今まで)は木型を作り反転するんですが、

うちの場合はアルミでいろんな形状の枠を作ってウレタン樹脂を流し込み、硬化した後に

マシニングでガンガン3D加工します。

この工法の一番のメリットは硬化時の樹脂のひけが無いので精度がいい!これがまずひとつ。

次に木型を作らなくてよいのでコストにも優しい!設計時からデータ通りに加工するだけなので

手離れもよくすぐに出来る!リードタイムが速いってことです。他にもいろいろあるけど。。。

きっといまだにキズ対策でMCナイロンとかPOMとかあとは。。。不織布使ったりとか

いろいろやられているんだと思います。樹脂材はやっぱりキズついちゃいますね。

不織布もいいんですけど、再現性はまったくないですから難しいところです。

ですから、ウレタン樹脂を使った注型&直彫り加工が手っ取り早い。

 

組立治具・検査治具・受け治具などのキズ対策でお困りの方いっらしゃいませんか?

ウレタン硬度はショアDコードで70~100くらいまで用途に応じて硬度を変えられますよ。

形状も治具さえ作ればどんな形状でも問題ありません!

まずはお気軽にご相談ください。

皆さまからのお問合せを心よりお待ちしています。

 

 

  • 営業品目
  • 対応素材
  • 設備紹介